01from ferris to you

“おたより”

20221214

歌の贈り物~クリスマスに寄せて~ [シンポジウム]舞台に生きる女性、そしてジェンダー~次世代育成について考える~

音楽芸術学科の現役学生と音楽学部演奏学科声楽専攻の卒業生で結成された女声合唱団、フェリス・フラウエンコーアのクリスマス・コンサート「歌の贈り物 クリスマスに寄せて」が12月4日(日)に金沢公会堂で開催されました。

フラウエンコーアの活動は、テレビ出演のほか、「横浜音祭り」「保土ヶ谷合唱祭」など、横浜を中心に神奈川県内の音楽イヴェントを彩り、音楽を通した地域活性の一役を担ってきました。今回のクリスマス・コンサートは横浜市泉区のテアトルフォンテが主催となり、文化創造活動を背景とした次世代育成支援をテーマとした催しです。クリスマスにちなむ楽曲を女性合唱で表現するコンサートでは、音の響きが良い公会堂いっぱいに、あたたかで豊かなクリスマスの光景が広がりました。

休憩をはさんで第二部がシンポジウム。フラウエンコーアからは3名の登壇者、テアトルフォンテ館長の佐藤智弘氏を迎え、音楽学部の土屋広次郎教授と文学部の吉田弥生教授が加わり、「社会と舞台に生きる女性、そしてジェンダー 次世代育成について考える」題のもと、女性芸能者の歴史に関するミニ講義を踏まえてのディスカッションを展開しました。実際に舞台で活躍するフラウエンコーアならではの意見が交換され、登壇しながらも大きな開催意義を感じた機会でした。

次回は12月18日(日)に会場を横浜市泉区文化センター・テアトルフォンテに移して開催されます。なお、2会場で開催の模様が後日ダイジェスト版で配信される予定です。
イベント詳細はこちらから

scroll to top