01from ferris to you

“おたより”

20210916

国際交流学部で学ぶSDGs⑥ 環境問題からみえる世界・自らの課題

ゴミ分別回収箱(香港で撮影)

国際交流学部では、世界全体やさまざまな地域の政治・経済・社会・文化などを学ぶ中で、SDGsで掲げられている課題を知り、その達成につながる新たな価値観を考える機会が多くあります。今回は、環境問題を様々な角度から探求する、知足章宏先生の授業を紹介します。

*****
SDGsの重要課題である環境問題は、国や世界の経済・政治・社会構造に大きく影響を受けます。貧しい国や地域で深刻な環境汚染が発生する一方で、豊かな国では青空が拡がり過剰なエネルギー消費や膨大な食品ロスが発生する。なぜ世界ではそのような不公平が普遍化するのか。経済システム・企業・政治・開発・グローバル化との関係は何か、各国ではどのような環境対策がなされ、課題は何か。「環境と開発問題」「アジアの環境問題」「中国の環境と開発」では、このような疑問を様々な視点から追究します。

また、前期の「基礎演習」では、SDGsの17目標のうち、気候変動・エネルギー・水・森林・海・つくる、つかう責任など環境問題を中心とした目標について、学生達がグループ毎に関連する情報収集・議論を重ね、発表しました。

授業を通じて、環境問題、SDGsの達成に向けて学生達がそれぞれのアイデアを持ち、行動を起こすために必要な見識を深めてほしいと考えています。

国際交流学部国際交流学科准教授 知足章宏

 

衣類等回収BOX(中国広東省広州市で撮影)
scroll to top